8 ビーチパラソルの下で

角食しーちゃんが新しい曲を練習しはじめた
日差しが強くなってきたから
倉庫からビーチパラソルをだしたんだって
首にタオルをまいて
一生懸命 音をつないでいる
ビーチパラソルの影が黒く小さくなる
クラリネットがうたっているみたいに響く

この曲すごいのよってしーちゃんが教えてくれた
コーヒーゼリーさんの歌なんだって

僕の彼女はすてきな女の子
色白でつぶらな瞳
忘れられない
だから僕はある日勇気をだして
彼女にいったのさ
アイラブユー
夢はかなって僕らは結ばれて
2人で仲良くいつも
歌をうったてるわけさ
僕の彼女の名は生クリーム

今度の音楽会でみんなにきかせてくれるらしい
コーヒーゼリーさんの喜ぶ姿が目にうかぶ
おまもりのスプンがきらきらするだろう
歌詞を覚えて、一緒にうたってみようかな

印刷して読む 印刷して読む 

“8 ビーチパラソルの下で” への1件の返信

コメントは受け付けていません。