45 風船

そして、ぼくにスペシャルなことがあった

もりちゃん(しーちゃんちの3番目のお姉ちゃん)が、家から小太鼓を持ってきてくれたんだ
もりちゃんは、小学生のとき学校の鼓笛隊に入っていた。そのとき使っていた太鼓をくれるっていうんだ
ベルトもあったから持ってきたわ
白いベルトには銀いろの金具がついている
こうやってつけるでしょう
もりちゃんが手伝ってくれる
それで、ここに太鼓をかけると、ほら、たたきながら歩ける
ぼくは、演奏だけじゃなくて、行進にも参加できるんだ
棒パンが、すごいな、小太鼓の聖者だねっていった

演奏は、コーヒーゼリーさんのドラムで始まった
トマトちゃんのトランペットの音が、広場の空にぬけていく
トマトちゃんの吹くトランペットは、トマトちゃんと同じくらい元気のいい音だ。明るくてきらきらしている
しーちゃんとまきちゃんはクラリネットの楽しい音を重ねる。2人の音がスキップしたり、とんだりはねたりして遊んでいる
ベーグルさんのサックスはかっこいい。トマトちゃんのトランペットの音をきいてそれにあわせているんだけど、それがベーグルさんっぽい音なんだ
もんちゃん先生は、腕にみずいろの風船をつけたままトロンボーンを吹いている。先生がなかでも一番嬉しそうだ

コーヒーゼリーさんが、始まる前に、音を感じて太鼓をたたいてごらんっていった
音と楽器と、曲の流れとか空気とか雰囲気を、体全部で感じるんだよ。耳できいていたら間に合わないから、いっぺんに全開にしてね
ぼくはだから、みんなの演奏する音をきいて目をつぶる。深呼吸して、コーヒーゼリーさんから譲り受けたバチを握った
いっぺんに全開にするのってどんな感じだろうと思ったけれど、やめた
たぶん、思っていたりしたら、ほんとに間に合わないんだ。入ってしまおう、この場所のこの時間の全体に入ろう。思うんじゃなくて入っちゃおう

ゆきちゃんとお友だちはバトンをまわして踊った
ガードの人たちはフラッグを高く投げた
ことりちゃんは、広場のオリーブの木にとまったりぼくの肩にとまって歌った
カンパンさんとジョッキさんは、ステップを踏んで行進した
にゃん一郎くんとこまりちゃんは、広場にならんで座って、足で地面をならした
コップさんは、スズメさんの子どもたちと演奏のまねをしながら歩いた(トランペットが一番人気)
棒パンとワッフルさんは、残っていた風船を放った
赤や白やきいろの風船は空に高くあがって、風にのって海のほうにとんでいった  

35 おまつりのはじまり

雨がようやくあがって青い空が見え始めると、急に暑くなった

今日は、スズメさんの子どもたちがリボンやスカーフをつけておしゃれしている。コップさんからのプレゼントなんだ
小さなおまつり宣伝隊員さんたちは
このふわふわのリボン、すてきー
もしかして、ゆきちゃんの髪かざりとおそろい?
何色えらんでもいいの? 迷っちゃうな
みてみてー
わたしもみてー
コップさんから大喜びで受け取る

おまつりの日はいい天気になった

ジューススタンドのパイナップルのフラッグが元気よく揺れている
トマトちゃんはむだのない動作で準備する
コップさんは氷や備品のチェックをしながらおもしろいことをいって、トマトちゃんを笑わせている

コーヒーゼリーさんの占いテーブルは朝から大人気だ。、急きょ、相談時間はひとり10分までになった
それでも順番待ちで行列ができるから、棒パンとぼくでイスを運んできて座ってもらった

となりで、ことちゃんは家の倉庫から持ってきたビニールシートを広げた。似顔絵描きじゃなくて、大きな紙を置いて、きた人に絵を描いてもらうことにしたんだ
絵の具やペン、チョーク、色鉛筆、クレヨン、いろいろ用意していいて、どれを使ってもいい。絵は大きく描いても小さく描いても、絵じゃなくて字でも線でもいい
自分の好きな事か、好きなものを描くといいですってことちゃんがいう
好きな人の事を思って描いても、きっとすてきな絵になります

空の下で絵を描くのっていいなあってにゃん一郎くんがいう
それから鼻をくんくんさせてあたりをにおった
何のにおいだろう? いいにおいがするよ。イチゴのジャムみたいだけどちょっとちがうな、なにかな
みどり色のサインペンを握ったまま、にゃん一郎くんはもう一度においをかいだ
わかった、かき氷のイチゴシロップだ。今日はかき氷屋さんもあるんだね
にゃん一郎くんは、持っていたペンのキャップをはずして、きゅっきゅっって音をたてて描きだした
カナブンみたいな、みどり色の虫を大きく描いている

近くでこまりちゃんが、よおしって小さくいって、太い筆に絵の具をたっぷりつけた
青やみどりや白、きいろ、パレットの上の色がまざって、だんだんに絵があらわれてくる
海だ 

26 毛糸玉

にゃん一郎くんが女の子と一緒にむこうから歩いてくる
2人はとても楽しそうに話していて、だいぶ近くまできてぼくに気がついた

紹介するよってにゃん一郎くんはちょっとはにかんでいう
ぼくのフィアンセだよ、こまりちゃんていうんだ
茶色の毛なみが美しい、小柄な猫の女の子だ
リボンで鈴をつけている
大きな黒い瞳がきらきらしていた
こまりちゃんはかわいい声で、こんにちはっていった

この前パインジャムを作った日、にゃん一郎くんは大事な用でお休みした
実は、こまりちゃんの引越しだったんだって
ぼくたち、一緒に暮らし始めたんだ
にゃん一郎くんは照れくさそうに笑っていった
ジャムクラブお休みしてごめんね
ぼくは嬉しくて、パインジャム18ビンできたよ、今度持って行くねって約束した

キャンディ先生が2人のキューピットなんだって
音楽で結ばれたんだ
こまりちゃんは毛糸玉が好きで、引越し荷物の中には、きれいな色の毛糸玉が何個もあったって
それはたくさんあるんだよ
にゃん一郎くんが楽しそうに話す
赤、青、黄色、白、黒、茶色、ピンクもあった
となりでこまりちゃんがくすくす笑った