45 風船

そして、ぼくにスペシャルなことがあった

もりちゃん(しーちゃんちの3番目のお姉ちゃん)が、家から小太鼓を持ってきてくれたんだ
もりちゃんは、小学生のとき学校の鼓笛隊に入っていた。そのとき使っていた太鼓をくれるっていうんだ
ベルトもあったから持ってきたわ
白いベルトには銀いろの金具がついている
こうやってつけるでしょう
もりちゃんが手伝ってくれる
それで、ここに太鼓をかけると、ほら、たたきながら歩ける
ぼくは、演奏だけじゃなくて、行進にも参加できるんだ
棒パンが、すごいな、小太鼓の聖者だねっていった

演奏は、コーヒーゼリーさんのドラムで始まった
トマトちゃんのトランペットの音が、広場の空にぬけていく
トマトちゃんの吹くトランペットは、トマトちゃんと同じくらい元気のいい音だ。明るくてきらきらしている
しーちゃんとまきちゃんはクラリネットの楽しい音を重ねる。2人の音がスキップしたり、とんだりはねたりして遊んでいる
ベーグルさんのサックスはかっこいい。トマトちゃんのトランペットの音をきいてそれにあわせているんだけど、それがベーグルさんっぽい音なんだ
もんちゃん先生は、腕にみずいろの風船をつけたままトロンボーンを吹いている。先生がなかでも一番嬉しそうだ

コーヒーゼリーさんが、始まる前に、音を感じて太鼓をたたいてごらんっていった
音と楽器と、曲の流れとか空気とか雰囲気を、体全部で感じるんだよ。耳できいていたら間に合わないから、いっぺんに全開にしてね
ぼくはだから、みんなの演奏する音をきいて目をつぶる。深呼吸して、コーヒーゼリーさんから譲り受けたバチを握った
いっぺんに全開にするのってどんな感じだろうと思ったけれど、やめた
たぶん、思っていたりしたら、ほんとに間に合わないんだ。入ってしまおう、この場所のこの時間の全体に入ろう。思うんじゃなくて入っちゃおう

ゆきちゃんとお友だちはバトンをまわして踊った
ガードの人たちはフラッグを高く投げた
ことりちゃんは、広場のオリーブの木にとまったりぼくの肩にとまって歌った
カンパンさんとジョッキさんは、ステップを踏んで行進した
にゃん一郎くんとこまりちゃんは、広場にならんで座って、足で地面をならした
コップさんは、スズメさんの子どもたちと演奏のまねをしながら歩いた(トランペットが一番人気)
棒パンとワッフルさんは、残っていた風船を放った
赤や白やきいろの風船は空に高くあがって、風にのって海のほうにとんでいった  

40 クラリネット、宙がえり、フラフープ

バトンショーのあとは、しーちゃんとまきちゃんのクラリネット演奏だ
でてきた時ちょっと緊張しているふうだったけど、クラリネットを吹き始めるといつものしーちゃんにもどって、とてもいい音を響かせた
まきちゃんとの息もぴったりだ。テンポよく、すてきな曲が流れる

アンコールでは、コーヒーゼリーさんがでてきてマイクを握る
この曲には実は詞がついていて歌えるんです、何を隠そう、作詞したのは私です、という
作曲はまきちゃん
2人は、図書室企画の俳句の会(毎月1回活動)で知り合いになって、意気投合したんだって
コーヒーゼリーさんが曲の生まれたいきさつをにこやかに話して、しーちゃんとまきちゃんがアンコール演奏した

ことりちゃんの宙がえりショーも大成功だった
深々とおじぎをして飛び立ったことりちゃんは、まず低いところでくるっと1回まわって、そこからだいぶ高く、広場のオリーブの木ぐらいまで飛んでくるっとまわった
そして、ことりちゃんはもっと高く飛んで、姿が小さくなるぐらい高くのぼって、今度は大きく2回、ぐるんぐるんとまわった
次の出番で待っていたカンパンさんが、ことりちゃん勇気あるなあといって目を細くした
あんな高くからこの広場を見られたら、考え方かわるかもね、世界観かわるよ、きっと
見守っていたぼくたちのもとへかえってきたことりちゃんは、案外平気な顔をしていたから、みんなはもっと驚いた
すごいなあ、かっこいいなあって感嘆した

その次の、自由参加フラフープをまわそうでは、楽しい声で広場はいっぱいになった
カンパンさんは、ローラースケート姿でヘッドフォンマイクをつけてあらわれた
ゆきちゃんのバトン教室のお友だちが何人も参加してくれて、くるくるくるくるフラフープがまわりだす

ぼくと棒パンも借りてまわしてみた
ぼくは最初全然だめで、棒パンはすぐまわりだす
小さいころうまかったんだよって棒パンがいった。けっこう長いことまわせた
せーのってかけ声をかけてやっているうちに、ぼくのフラフープもまわり始めた
カンパンさんがローラースケートでみんなのまわりにやってきて、
そうそう とか、いい感じだねー、なんてスムーズ! 美しい って声をかけていく
ぼくには笑って、ナイスっていってくれた