45 風船

そして、ぼくにスペシャルなことがあった

もりちゃん(しーちゃんちの3番目のお姉ちゃん)が、家から小太鼓を持ってきてくれたんだ
もりちゃんは、小学生のとき学校の鼓笛隊に入っていた。そのとき使っていた太鼓をくれるっていうんだ
ベルトもあったから持ってきたわ
白いベルトには銀いろの金具がついている
こうやってつけるでしょう
もりちゃんが手伝ってくれる
それで、ここに太鼓をかけると、ほら、たたきながら歩ける
ぼくは、演奏だけじゃなくて、行進にも参加できるんだ
棒パンが、すごいな、小太鼓の聖者だねっていった

演奏は、コーヒーゼリーさんのドラムで始まった
トマトちゃんのトランペットの音が、広場の空にぬけていく
トマトちゃんの吹くトランペットは、トマトちゃんと同じくらい元気のいい音だ。明るくてきらきらしている
しーちゃんとまきちゃんはクラリネットの楽しい音を重ねる。2人の音がスキップしたり、とんだりはねたりして遊んでいる
ベーグルさんのサックスはかっこいい。トマトちゃんのトランペットの音をきいてそれにあわせているんだけど、それがベーグルさんっぽい音なんだ
もんちゃん先生は、腕にみずいろの風船をつけたままトロンボーンを吹いている。先生がなかでも一番嬉しそうだ

コーヒーゼリーさんが、始まる前に、音を感じて太鼓をたたいてごらんっていった
音と楽器と、曲の流れとか空気とか雰囲気を、体全部で感じるんだよ。耳できいていたら間に合わないから、いっぺんに全開にしてね
ぼくはだから、みんなの演奏する音をきいて目をつぶる。深呼吸して、コーヒーゼリーさんから譲り受けたバチを握った
いっぺんに全開にするのってどんな感じだろうと思ったけれど、やめた
たぶん、思っていたりしたら、ほんとに間に合わないんだ。入ってしまおう、この場所のこの時間の全体に入ろう。思うんじゃなくて入っちゃおう

ゆきちゃんとお友だちはバトンをまわして踊った
ガードの人たちはフラッグを高く投げた
ことりちゃんは、広場のオリーブの木にとまったりぼくの肩にとまって歌った
カンパンさんとジョッキさんは、ステップを踏んで行進した
にゃん一郎くんとこまりちゃんは、広場にならんで座って、足で地面をならした
コップさんは、スズメさんの子どもたちと演奏のまねをしながら歩いた(トランペットが一番人気)
棒パンとワッフルさんは、残っていた風船を放った
赤や白やきいろの風船は空に高くあがって、風にのって海のほうにとんでいった  

44 勢ぞろい

しーちゃんには、4人のお姉ちゃんがいる
1番上が、今日しーちゃんと一緒にクラリネットを吹いたまきちゃん。いつもは図書室で司書の仕事をしている
2番目がバトンの上手なゆきちゃん
絵を描くことちゃんは順番でいくと4番目で、3番目はもりちゃん。もりちゃんとことちゃんは双子なんだ
もりちゃんはソムリエになりたいんだって。今はフランス留学をめざして、街の紅茶屋さんでアルバイトしている

もりちゃんは、紅茶屋さんのバイトがおわってから自転車に乗って広場にやってきた
しーちゃんが、クラリネットちゃんと吹けたよってもりちゃんに話している
もりちゃんはかけていたサングラスをはずして、さっすがーっていって、しーちゃんの肩を抱いた
しーちゃんは嬉しくて、うふふって笑った

もんちゃん先生はみず色の風船を左腕にくくってもらっている。右手にはかき氷のカップを持っている
ワッフルさんがもんちゃん先生に、もう少ししたらチューバが届く話をする
ボクのバンド、今、金管が人数少ないんだよ。よかったら一緒にやらない? ってもんちゃん先生がいう
ワッフルさんはすごく大きな声で、はいって答えた。それは喜んだふうだった
楽器なくていいから、まず練習見学にいらっしゃい
ワッフルさんは、練習場所や時間を教わった

ぼくと棒パンが、あとふたつになったジャムの店番をして座っていたら、それ両方ちょうだいっていう
顔をあげると、そういっていたのはなんと、ジョッキさんだった
ジョッキさんはカンパンさんの古い友人で、詩人で、旅行家だ
いろんなところを旅してまわって、毎年大抵、夏前の今ごろ、カンパンさんに会いにここにやってくるんだ
山を登り海に潜り、広がる砂漠を渡る。おととしは、スペインの巡礼の道を歩いた

ジョッキさん!
棒パンとぼくは、声をそろえて立ちあがった
カンパンさんがローラースケートをならして近づいてきて、おージョッキさん!って握手した
もんちゃん先生も近づいてきて、聖者が勢ぞろいしたぞっていった

32 海を渡って

ワッフルさんは10才のとき、子どもオーケストラに入った

サッカー少年でしたが、2つ上の兄さんがそのオーケストラでトランペットをしていました
ソロでかっこよく吹くのを見たら、ぼくも楽器がしたくなったんです
最初は兄さんと同じ、トランペット吹きたいなって思いました
でも、オーケストラにいって大きなチューバを見たら、どうしてもチューバの気がしてなりません
子どものころは背の順で前から2番目、小さくて細かったので、家族はとても不思議がりました
今は大きくなったから、チューバっぽいですっていった

ワッフルさんのチューバがベルギーを出発した
お兄さんが、音楽を続けたらいいよって送りだしてくれたんだ
ぼくのチューバは森の色のケースに入っています、とてもいい音がするんですよ。練習してね、みんなと合奏したいです

ワッフルさんのチューバが海を渡る
着くまでしばらくかかるっていうけど、時間ってはじめに思ったほど長くない
1か月もあるって思ったのに、すぐに3日後になったりする
だからたぶん、チューバはもうちょっとで届くだろう

スズメさんの子どもたちは、チューバが着いたら、みんなでならんでベルにとまりたいけどいいですかってきいていた

29 出品ふたつ目

パイナップルのジャムがたくさんできたから、もうひとつは、それぞれが食べたいのを作ることにした
おまつりの日は各自、できあがったジャムを3ビン持ち寄る

コーヒーゼリーさんはさくらんぼジャム
棒パンはぽんかんでマーマレード
ベーグルさんはブルーベリーとイチゴで作る
ことりちゃんは、この前お友だちにもらったからやってみるってマンゴージャムに挑戦
ワッフルさんはりんご
にゃん一郎くんはイチゴジャム、摘んできたイチゴ(冷凍庫に保管中)を使うんだ
ぼくはだいぶ迷ってメロンジャムに決めた

ジャムってちょっと時間がかかるところがいいのかな
1こずつ洗って切るところ
砂糖を入れて待つところとか
なべを火にかけてしばらく木ベラをまわすところ

あら、わたしは、ジャムおいしいから好きよって、ことりちゃんがいう
詰めたビンをならべるのも好きだなって棒パンがいう
コーヒーゼリーさんは、その年最初に煮たジャムを銀のスプンで味見するんだって

おまつりの日はいろんな色のジャムがならんで、きっときれいなことだろう

24 少人数ジャムクラブ

パインジャムを作る
おまつりで並べるぶんだ
今日はベーグルさん(仕事)と、ことりちゃん(遠出、友だちに会いに行く)、にゃん一郎くん(大事な用)の3人がこられないから、少人数ジャムクラブでジャムを作る
目標10ビン
できたら15ビンぐらい作りたい

コーヒーゼリーさんちに集まって、さっそく作業開始だ
深緑色のおそろいのエプロンをしめる
コップさんが、ジャムクラブ用にエプロンを縫ってくれたんだ
新しいミシンが届いたら、今度は帽子を作ってくれる
(きのうはそれで、みんな採寸してもらった)

トマトちゃんに分けてもらったパイナップルを洗う
あとで入れるビンの煮沸消毒もする
パイナップルを半分にして芯を取る

ちょっと小さめに切るとおいしくできるらしい
コーヒーゼリーさんがジャムの本を見ながらいう
切り分けるのは棒パンが、得意だからぼくがやろうってナイフを握る
おなべに入れて、グラニュー糖とレモン汁を加える
しばらくおいて火にかける
ワッフルさんが木ベラをまわす

いいにおいはコーヒーゼリーさんちいっぱいに広がって、
もっと広がって、ヤマモモの林まで届いた