45 風船

そして、ぼくにスペシャルなことがあった

もりちゃん(しーちゃんちの3番目のお姉ちゃん)が、家から小太鼓を持ってきてくれたんだ
もりちゃんは、小学生のとき学校の鼓笛隊に入っていた。そのとき使っていた太鼓をくれるっていうんだ
ベルトもあったから持ってきたわ
白いベルトには銀いろの金具がついている
こうやってつけるでしょう
もりちゃんが手伝ってくれる
それで、ここに太鼓をかけると、ほら、たたきながら歩ける
ぼくは、演奏だけじゃなくて、行進にも参加できるんだ
棒パンが、すごいな、小太鼓の聖者だねっていった

演奏は、コーヒーゼリーさんのドラムで始まった
トマトちゃんのトランペットの音が、広場の空にぬけていく
トマトちゃんの吹くトランペットは、トマトちゃんと同じくらい元気のいい音だ。明るくてきらきらしている
しーちゃんとまきちゃんはクラリネットの楽しい音を重ねる。2人の音がスキップしたり、とんだりはねたりして遊んでいる
ベーグルさんのサックスはかっこいい。トマトちゃんのトランペットの音をきいてそれにあわせているんだけど、それがベーグルさんっぽい音なんだ
もんちゃん先生は、腕にみずいろの風船をつけたままトロンボーンを吹いている。先生がなかでも一番嬉しそうだ

コーヒーゼリーさんが、始まる前に、音を感じて太鼓をたたいてごらんっていった
音と楽器と、曲の流れとか空気とか雰囲気を、体全部で感じるんだよ。耳できいていたら間に合わないから、いっぺんに全開にしてね
ぼくはだから、みんなの演奏する音をきいて目をつぶる。深呼吸して、コーヒーゼリーさんから譲り受けたバチを握った
いっぺんに全開にするのってどんな感じだろうと思ったけれど、やめた
たぶん、思っていたりしたら、ほんとに間に合わないんだ。入ってしまおう、この場所のこの時間の全体に入ろう。思うんじゃなくて入っちゃおう

ゆきちゃんとお友だちはバトンをまわして踊った
ガードの人たちはフラッグを高く投げた
ことりちゃんは、広場のオリーブの木にとまったりぼくの肩にとまって歌った
カンパンさんとジョッキさんは、ステップを踏んで行進した
にゃん一郎くんとこまりちゃんは、広場にならんで座って、足で地面をならした
コップさんは、スズメさんの子どもたちと演奏のまねをしながら歩いた(トランペットが一番人気)
棒パンとワッフルさんは、残っていた風船を放った
赤や白やきいろの風船は空に高くあがって、風にのって海のほうにとんでいった  

28 お線香

カンパンさんにもらったお線香に火をつける
赤く火がつくと煙がすっとのぼっていく
燃えたあと灰が落ちるとき、少しだけ音がした

好きなのを持っておいきっていうから、ひのきのお線香をもらってきた
帰るとき折れないよう、紙に包んで10本持たせてくれた
木のいいにおいがする
海月神社の奥のほうのにおいに似ている

お天気の日に今度、棒パンと海月神社に散歩に行こう
神さまに、太鼓が上手になりたいですってお願いするんだ
練習はがんばっています、この気持ちを続けられますよう
ついでにおみくじをひこう
コップさんみたいに、いいこと書いてあるのがひけるかもね

お線香はゆっくり小さくなっていって、お皿の線香たてのところで静かに消えた
においもいいけど、燃えていくのにかかる時間もいいんだよってカンパンさんがいっていた

火をつけると何か思いだすだろう
そのあと、こんなことがしたい、あれもやってみたいって思いついて、いくつか願いごとをする
それから、普通のことがすてきに思えてきて、まわりの、スプーンとかクツとか、使ってる机とかいろんなものが、たぶん光って見える

その通りなんだよ、驚いた

19 パーカッションパート

ぼくは、コーヒーゼリーさんの弟子になることに決めた
いや、弟子じゃないな
同じパートを受け持つ仲間になるんだ

コーヒーゼリーさんが太鼓をたたくバチをくれた
今まで使っていたのを譲りうけたんだ
嬉しくて、ゆうべは枕元にならべて眠った
夢にはでてこなかったけど(ちょっと残念)、かわりにかぼちゃの夢をみた
葉っぱの下に、大きな緑色のかぼちゃがごろんとあった

今日から練習を始める
たらたらたらたら たらたらたらたら
たたたた たたたた たたたた たたたた
たらった たらった たたたた たん
厚紙をまるく切ってさ
それをたたいて音をだす
すぐにはうまくいかないけど、テンポに気をつけて練習だ

両方のバチですごくはやくたたくとダーッ って、
音がつながっているように聞こえるわざがある
ロールっていうんだ
あれもできるようになりたい
ぼくを待ってくれてた楽器が太鼓だったとはきのうまで知らなかったけど、
出会えてほんとに、すごく嬉しい