48 夏の朝

朝早くに坂道を歩く
ことりちゃんが、朝ごはんをごちそうしてくれるっていうんだ
まだ7時前で、坂道はセミの声であふれている。あんまり大きな声だから、ヤマモモの林が揺れているみたい

今朝は5時に目が覚めた
いつもは起きるのが7時すぎだから、2時間早い
30分ぐらい片づけしたりそうじをして、20分体操、それでもまだ6時前だった
開けた窓から朝の空気が部屋に流れてくる。深呼吸して夏の朝をおなかに入れる
バックに麦茶の水筒とタオル、ことりちゃんにすもものお土産を3つ持つ

途中、コップさんが庭の朝顔に水やりしているのに会った
雨水を集めたポリタンクからじょうろに入れて、たっぷり水をまいている
今朝は早いんだなあってコップさんがいう。早起きしたんだね
朝顔きれいですね
今年もすばらしいよ、この花の色がさ、いいんだよね
コップさんは、地面にも葉っぱにも、花にも水をあげる
ヘブンリーブルーっていうんだ、こんな水色好きなんだ
じょうろはゆっくり動いて、水がきらきらしながら落ちていった
種ができたら少しわけてくださいっていったら、コップさんはすごくにっこりして、オッケーっていった

坂道を登りきるとことりちゃんちだ
そして、ごちそうの朝ごはんはゆでたてのとうもろこし!
庭の小さなテーブルのカゴに盛られたとうもろこしは、ぴかぴかして金色をしている
夏の朝は、空も空気も、じょうろの水も朝ごはんもみんなきらきら光っている
花壇の草とりをしたワッフルさんとことりちゃんと3人で、おいしい朝ごはんいただきます